卒業生高野優子さんにインタビュー

コンプリメンタリーセラピストプロ養成コース+クレイテラピーに参加した高野優子さん

Q botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

出産を機にマッサージオイルに興味を持つようになりました。徐々にユーカリオイルやティーツリーオイルが虫刺されや鼻づまりに良いと知るようにもなりました。しかしキャリアオイルと精油の違いも知らず体系的、包括的に学べたらと考えるようになりスクールに通う意思を固めました。

Q 各コースで一番良かったと思ったことは?

メディカルアロマセラピー(基礎・応用)

第一の目的であったキャリアオイルと精油の違いについて使い方について各精油の効能について包括的に学べたのが良かったです。

アロマセラピーマッサージ

マッサージの施術にも興味があったので、精油学を学んだ上で、どう応用できるか実際にリンパマッサージを実技しながら学べたこと。

精油化学・基礎医学

化学が苦手なので、難しい物質名にクラクラしましたが、学んだエッセンシャルオイルを構成する成分分類を学び、それから機能や作用をきちんと知る事は、エッセンシャルオイルの効能を理解するための必須事項だと思いました。

リフレクソロジー

足つぼにも興味があるものの、具体的に知っている事は少なかったので、集中的に学べたこと。試験があるからこそ必死に勉強しました。試験の存在がよかったです。

クリニカルマッサージ

私自身、出産後に腰痛や肩こりにひどく悩んでおり、周囲のママさんにも同様の悩みを持った人が多いので、クリニカルマッサージを学んだ事は、日頃の悩み改善への大きなステップでした。頭のマッサージは、両親に大好評でしたし、腰痛に悩むお友達も腰が軽くなったと大喜び。体のマイナートラブルは日々の生活に影をもたらしますが、それを改善してあげられるマッサージ術を学んだ事は大きな収穫です。今後も引き続き実際の施術と勉強をしていきたいです。

マタニティアロマセラピー

マタニティー期間中の赤ちゃんの発育それに伴い妊婦さんにおこる症状、それにお勧めの精油を俯瞰的に学べたのが役に立ちました。クリニカルマッサージの中で、妊婦さんに施術する場合に勧められる体勢、配慮を具体的に学べたこと。また、あらためてマタニティ期に使用できる精油また精油の用途(効能)注意事項を総合的に学べたのも頭に入りやすく、ためになりました。妊娠中に知っていたかった…と思う知識が多々ありました。

ボタニカルフェイシャルセラピー

これまでに学んだエッセンシャルオイルの知識を活用しつつ、日常の肌のお手入れ方法やクレイパックの仕方を学んだおかげでまず自分の素肌が変わり始めました。吹き出物が出なくなりました。周囲のお友達もフェイシャルを施術するととても喜んでくれて、自分も周囲もハッピーになれる素晴らしい知識を習得できました。

メディカルハーブ

エッセンシャルオイルとハーブの名前に慣れ親しんできたところで、ハーブチンキなどオイルとまた異なるアプローチを学べたことで視野が広がりました。内服しやすく、内側からアプローチできるハーブの使い方を知ることができ、とても勉強になりました。終わりのない世界に出会った気がします。

クレイテラピー

アロマセラピーやフェイシャルセラピーを学んだ時に度々登場したクレイテラピーに次第に興味を惹かれるようになったので受講しました。 講座ではクレイの種類、取り扱いに始まり、内服薬としての使い方など、様々な使い方とその効能を学ぶことが出来、とても勉強になりました。 その知識は早速実生活で活躍しています。オイルとクレイのお陰で我が家では薬の出番がかなり減りました。

Q ロディチミキ先生はどんな方ですか?

初めてお会いした時、お肌の美しさに驚嘆しました。アロマセラピーの先生にぴったりだと!

また先生として人として引き出しをたくさんお持ちなので、授業中決して飽きることなく好奇心がどんどん湧いて質問をしてしまいます。まだまだいろいろ教えていただきたいことが山積みです。

Q 将来の夢、または今後のプランを教えてください。

小さくは、家族の中で役立て、家族の健康を守ること。大きくは、個人で家族以外の方々にも施術して笑顔になっていただけたら良いな…とバク然と思い描いています。