卒業生の芝里衣さんにインタビュー

コンプリメンタリーセラピストプロ養成コース参加

芝 里衣さん

Q botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

大学生の時に代替療法としてアロマセラピーに出会い、その頃からいつか学びたいと思っていました。日本より代替療法が進んでいるこのオーストラリアで、経験豊富な先生のもとで、尚且つ日本語で学ぶことができるということで入学を決意しました。

Q 各コースで一番良かったと思ったことは?

メディカルアロマセラピー(基礎・応用)

アロマに関しては全くの無知の状態から始まったので、難しく思うこともありましたが、実際に化粧水やクリームなどを作り実践していくことで効果も体験でき、香りだけではない精油の効能を学ぶことができました。

アロマセラピーマッサージ

実際に先生に施術してもらったり、自分が施術されてもらうことで初心者の私でも学びやすく、上達することができました。症状に合わせたブレンドを考えたり、コンサルテーションをしたり、マッサージの手技だけではない実践的なことが学ぶことができました。

精油化学・基礎医学

なぜこの精油にこのような効果があるのかというところを化学的に学べ、より理解を深めることができました。

リフレクソロジー

最初は覚えられるのか不安でしたが毎日実践していると自然に覚えることができ、個人的に1番面白い分野でした。不調があれば反射するので分かりやすいし、使える手技だと思います。

クリニカルマッサージ

ケーススタディーを通してブレンドやマッサージをする部位、ホームケアアドバイスなども学ぶことができました。筋肉を捉えながらと言うアロマセラピーマッサージとはまた違う手技を学べ、トリガーポイントを見つけられた時は嬉しかったです。

マタニティアロマセラピー

先生の臨床経験のお話も聞くことができ、マタニティーこそアロマテラピーが必要と言う先生の言葉にとても納得しました。自分が将来妊娠した時にもぜひ実践したいと思います。

ボタニカルフェイシャルセラピー

クレンジングからパック、マッサージ、仕上げとトータルで学ぶことができ、また実践することで日に日に自分の肌がきれいになっていくのが嬉しかったです。どの女性も興味のある分野だと思うので学べてよかったです。

メディカルハーブ

ドライハーブからハーブチンキやハーブティー、サプリメントを自分で作る得ることができると言うことに最初は驚きました。今ドライハーブを作っているところなのでこれから実際にいろいろ作るのが楽しみです。

Q ロディチミキ先生はどんな方ですか?

肌がとても綺麗で美しく、またおおらかで優しい先生です。その見た目とは裏腹に、今まで大変苦労され、培われてきたご経験は膨大なもので、そこから学ぶことが多くありました。 先生としてはもちろん1人の女性としても大変尊敬できる方です。

Q 将来の夢、または今後のプランを教えてください。

これからも勉強し続け、経験を積み、身体も心もケアできるセラピストになりたいです。いつかサロンを開き、代替療法を必要としている方たちに質の高いケアができるようになりたいです。

ホームページのセキュリティーを強化しました✨

この度、弊社ホームページのセキュリティーを強化いたしました。

強化後のホームページアドレス

 https://aromaremedy.net

※ “s” が http の後に新たに加わりましたが、強化前のアドレスにアクセスいただいても、自動的に強化後のホームページへ移動いたしますので、お客様側で何か設定していただくことはございません。

今回のセキュリティー強化で、お客様より各種情報をご提供いただく ” お問い合わせフォーム及び、お申し込みフォーム” の安全性が高まりました。

お客様側で、お問い合わせフォームにご入力いただいた文字情報 ( お名前・電話番号・メールアドレスなど ) は、すべて 暗号化 されて弊社に届くようになりました。  

今後もインターネットの脅威に、弊社の大切なお客様の情報が晒されることの無いよう努めてまいります。

今後も、弊社ホームページを安心してご利用いただければと存じます。

卒業生の野村ちほさんにインタビュー

コンプリメンタリーセラピストプロ養成コース+クレイテラピーコース+ベビー&マタニティリフレクソロジーコース 参加

野村ちほさん

Q botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

コンプリメンタリーメディスン(Complementary medicine)としてのアロマテラピーを実際にご自身でクリニックをされており、クリニカルアロマセラピストとして病院などで施術されているミキさんの実体験から学ばせていただきたかったからです。

Q 各コースで一番良かったと思ったことは?

メディカルアロマセラピー(基礎・応用)

症状に合ったトリートメントや精油を調合すること、またコンサルテーションを学べたこと。

アロマセラピーマッサージ

リンパ系の仕組みを知り全身マッサージの手順を学んだこと

精油化学・基礎医学

精油の化学成分から作用が分かりケーススタディに応用することを学べたこと

リフレクソロジー

“足は体の縮図”と言われるように、足と人体の対応図は、本当にシンプルですが、とても印象的でした。また反射区をしっかり学ぶことができたこと

クリニカルマッサージ

トリガーポイントを知り学べたこと

マタニティアロマセラピー

妊娠から出産、そして産後までの心身の変化とそれにあった精油やトリートメントを学べたこと

ボタニカルフェイシャルセラピー

自分の肌タイプを知ることができ、それにあった化粧品やトリートメントを学べたこと

メディカルハーブ

ハーブエキスとハーブチンキ剤が作れるようになったこと

ベビー&マタニティリフレクソロジー

ベビーとマタニティのマッサージを学べたことです。 ぜひ、帰国後も練習してできるようになりたいです

クレイテラピー

クレイを内服するという初体験をさせていただきクレイセラピーの効能と可能性と楽しさを知ることができたこと

Q ロディチミキ先生はどんな方ですか?

スクールだけでなく、ミキさんから学ぶことが本当に多くとても貴重な時間を過ごせていただきました。マッサージで感じるミキさんの温かくやわらかなにいつもミキさんの素晴らしさを感じておりました。ボタニカルでミキさんと出会え学べたご縁に感謝です❤︎

ありがとうございました。

Q 将来の夢、または今後のプランを教えてください。

まだ未定ですが、ボタニカルで学んだことを誰かのために、また、これからの人生が充実したものになるよういかせて行けたらと思っております。

スタッフ募集について 


 

国際アロマレメディー協会事務局・システム担当の募集を行っております。

受講相談窓口、受講生/認定インストラクターのサポート、規約の整備、ウエーブエンジンなど、幅広く事務局の運営に携われる方

 

応募条件は以下の通りです。

 

☆オーストラリアにて労働可能なビザを保持されている方

☆常識があり、丁寧な日本語を話せる方

☆代替療法に興味のある方

☆基本的なPC業務やウエーブエンジンが可能な方

 

ご興味がお有りの方は、履歴書とともに、

info@aromaremedy.netまでご連絡を

お願い致します。

 

皆様からのご応募をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

臨床セラピスト認定制度

IARA認定 臨床アロマセラピスト(Clinical Aromatherapist)が新しく誕生しました!

 


 2016年4月から認定試験を実施

只今申請受付中


 IARA認定クリニカルアロマセラピスト

 

IARA認定アドヴァンス・アロマセラピスト資格認定保有者で、医療国家資格(医師、看護師、助産師、理学療法士、作業療法士など)保有者が対象。 アロマテラピーを臨床現場で実践するためのトリートメントの知識を習得したことを証明する資格です。

医療施設においてアロマテラピーを適正且つ効果的に実施するための知識・技術が一定の基準を満たしていることを国際アロマレメディー協会(IARA)が認定するものです。 IARAクリニカルアロマセラピストは、法律を順守した上で適正なアロマテラピーを提供できるものとします。

 


 

認定の手続きについて

認定申請

 認定クリニカルアロマセラピストの認定申請は、医療者の方でIARAアドヴァンスアロマセラピストの資格取得後に10症例の報告書と認定審査料をあわせて申請することが可能です。 審査に合格すれば,事務局から「認定の通知」と「クレジットカード用紙」を送付いたします。

「認定料」が入金確認後、「認定クリニカルアロマセラピスト認定証」を送付します。

「認定料」が払い込まれなければ、「認定クリニカルアロマセラピスト」の名簿に登録されません。

認定審査料:A$220- 認定料:A$110- (資格認定書発行費および発送)

 


 

更新について

毎年、認定更新料A$110-・更新必須単位10臨症例が必要になります。 IARAクリニカルアロマセラピスト資格認定保有者は認定更新料と報告書10症例を毎年当協会にて提出してください。

対象・・・ 認定の更新を希望する方 時期・・・ 期限が切れる前までに毎年更新となります。例えば協会サイトの名簿に臨床歴○年と更新されます。

◉必須単位の更新時に単位が足りない時は、延長願いを提出してください。

 


 

・・・臨床におけるアロマテラピーの実践報告のお願い・・・

アロマテラピーは、臨床で取り入れやすい補完代替医療の1つです。しかし、日本では科学的根拠のあるデータが乏しいのが課題です。

科学的根拠に基づく医療や看護を行うためのデータの蓄積には、症例報告や事例報告を積み重ねていく必要があります。

そこで、臨床アロマテラピーの事例あるいは症例について報告をお願いしたいと思います。

報告数は、1年10症例以上いくつでもかまいません。

皆様のデータの蓄積は、国際アロマレメディー協会(IARA)の大切な宝となっていきます。

どうぞ、ご協力をお願いいたします。

国際アロマレメディー協会(IARA)代表 ロディチミキ

 


 

【提出方法】 一事例一枚お使いください。個人を対象とした臨床アロマテラピーの実践報告です。

1.協会指定の報告書(コンサルテーションシート)に記入してください。

2.不明のところは”不明”と記入してください。

3.当協会にて提出してください

郵送での提出:事務局に郵送してください。なお、返却はいたしません。 下記の住所に郵送してください。

PO Box 423. GUILDFORD WA 6935

メール添付での提出: 手書きの報告書をスキャンしてPDFデータにする方法があります。なお、印刷してもきれいといえる解像度でお願いいたします。 下記のメールアドレスにお送り下さい。

メールアドレス: info@aromaremedy.net

審査結果は、通常、4 ~6週間ほどかかります。

ボタニカル卒業生の原田ちかこさんにインタビュー

コンプリメンタリーセラピストプロ養成コース8週間参加

Q botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

もともと、アロママッサージに興味があった為

Q 各コースで一番良かったと思ったことは?

アロマセラピストプロ養成コース

アロマを今まではおおまかでした分かってなかったが、コースで沢山のオイルについての知識が増えて楽しかった

リフレクソロジーコース

意外と体調が悪いとすぐに反射するので、マッサージのやりがいがある

マタニティアロマセラピストプロ養成コース

自分が妊婦になった時や、周りの友達の手助けできるのと、授業中にラッキーなことに実際、ミキ先生の患者さん(妊婦さん)に体験ができたこと このコースをとっていなければ、体験することができないので、貴重な体験でした。少しですが妊婦さんの気持ちも分かりました。

ボタニカルフェイシャルセラピーコース

自分自身に使えることが一番良かったです^^

メディカルハーブコース

メディカルハーブは、もっと自分で試して、みたいとは思っています・・・ ただ、あまりの今の生活が全て追われてる感じなので、たぶんもう少し先になりそうですが・・・

Q ロディチミキ先生はどんな方ですか?

先生は、とてもフレンドリーで授業は、分かりやすかったです。なので、授業が終るのがあっという間でした。

Q 将来の夢、または今後のプランを教えてください。

私の夢は、トータルで美容を人に提供出来るような国際的beatycianになりたいと、思っています。最終的にいいたいのは、学校に行って、良かったと思ってます。まだまだ経験が足りないので、とりあえずは自分で試して、沢山の引き出しを作りたいです!!

ボタニカル卒業生の服部加奈さんにインタビュー

アロマセラピストプロ養成コース+ボタニカルフェイシャルセラピストコース短期集中 2014年7月参加

リフレクソロジストコース短期集中2015年6月参加

Q.botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

カナダでワーキングホリデー中に、もともとアロマやハーブが好きで趣味として使っていたのですが、もっとしっかり知識を身に付けたいと思っていました。前からオーストラリアでアロマの勉強することが夢だったので探していたところ、パースという町、学校の雰囲気の気に入ったボタニカルにしました。コース受講中にリフレクソロジーが受講したくなったのでまたパースに戻って受講しました。

Q.各コースで一番良かったと思ったことは?

*メディカルアロマ+アロマセラピーボディマッサージコース

実践で活かせる授業内容で、とても分かりやすく、毎回違ったスキンケアが作れたのはよかったです。マッサージのコースでは少人数ででき、先生の細かい指導も受けられとても勉強になりました。 自分もマッサージのトリートメントが受けれる事ができるのは、とっても贅沢な気持ちになりました。

*ボタニカルフェイシャルセラピーコース

勉強しながら、自分の肌の変化も毎回感じられて楽しかったです。植物、クレイのパワーやスキンケアの大切さを実践で学ぶ事ができて、自分のためにもとても役立つと思いました。

*リフレクソロジーコース

このコースでは必然的に体の臓器など覚えることとなるので大変な分、自分の知識としてもとてもためになり、受けて本当に良かったと思います。自分の体の健康について前よりも気にするようになりました。

Q.ロディチミキ先生はどんな方ですか?

ふんわりオーラで優しい、ナチュラル美人さんです♡

Q.将来の夢、また今後のプランを教えてください。

今回はアロマセラピスト、フェイシャルセラピストコースのみだったのですが、リフレクソロジストのコースもまたカナダから戻ってきて受講する予定です。 日本に帰ったら、日常生活でもっとアロマを取り入れ、アロマ関係の仕事に就き、自分の周りの人たちやより多くの人達にアロマの良さを伝えていきたいと思っています。

教室移転のお知らせ

【教室移転のご案内】

7月末を持ってパースシティーの教室を移転致します。

理由は隣接する敷地での大規模なマンション建設に伴う騒音のためです。

8月からはbotanical aroma therapy 代替医療クリニック内で開催致します。

寒い日が続いております。

ウィルス性の胃腸炎やインフルエンザも流行のようです。

精油を活用して今年も健やかにお過ごしください。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ボタニカル卒業生の依光昇子さんにインタビュー

コンプリメンタリーセラピストプロ養成コース7週間参加

 

Q botanical clinical aroma school に行きたいと思ったきっかけは?

 代替療法や予防医学にもともと興味があり、アロマの分野も昔から興味はありましたが、なかなか触れる機会がありませんでした。たまたま、パースに行くことを決めた時に、姉からボタニカルを紹介され、クリニカルな観点からアロマを学べることに魅力を感じ、入校を決めました。

Q各コースで一番良かったことは?

メディカルアロマセラピー(基礎・応用)

実際に化粧品やクリームなどを作る実習が楽しかったです。 作ったものを自宅で使用し、コース修了前からアロマを生活に取り入れることができたので、よりアロマを身近に感じることができました。実践方法や注意事項なども学べてよかったです。

アロマセラピーマッサージ

マッサージを誰かに施術した経験がこれまでなかったので、初めは戸惑いもありましたが、自分が施術を受けたり、先生に施術させてもらったりと練習の機会を持つことで習得することができました。施術前に行うコンサルテーションの仕方等も習い、実際にお客様を相手にする際に必要となるマッサージ全体の流れを習得できたのが良かったです。

精油化学・基礎医学

精油に含まれる成分は化学分析ができ、それをもとに精油を分類できることに驚きました。勉強をするまでは、アロマの効果は伝承的に伝わってきたもので、化学とはあまり関係ないものだと勝手に思っていました。アロマの成分を学ぶことで、その作用がわかることから、改めてアロマセラピーがクリニカルな分野でも役立つと再認識できました。

リフレクソロジー

1番初めの授業で、足裏の反射区は人間の全身が投影されているという絵を見せてもらったことで、各反射区を刺激していく流れをスムーズに覚えることができました。 足は自分でも手軽に刺激できるうえに、リフレクソロジーは、全身に有効な効果をもたらすことができるマッサージなので、学んで良かったなと思いました。

クリニカルマッサージ

先生が実際に対応されたケースを例にとりながら、精油の選択、どんな施術を行うか、どんなアドバイスをするかなど、具体的に教えてもらいながら勉強できたのが良かったです。

マタニティーアロマセラピー  

妊婦の方への注意事項を細かく教わることができました。実際に出産経験がある先生だからこそのいろいろな話を伺えてよかったです。

ボタニカルフェイシャルセラピー

テクニックを学べたことはもちろんなのですが、やはりマッサージを終えた時に少し小顔になったような感じや、肌の調子が良くなったような実感があり、嬉しかったです。

メディカルハーブ

ハーブの授業の日に、たまたま私は喉の風邪をひいていたのですが、そこで、早速、授業で習って作ったうがい薬の使用とチンキ剤を飲み、体調が回復していくのを実感できました。内服で体内に取り入れられる物という点で、アロマとはまた違った角度から健康のサポートができる物として、有効なものだということがよくわかりました。

Qロディチミキ先生はどんな方ですか?

ミキ先生は、とても魅力的な方だと思います。おっとりした雰囲気の中に、知性を感じられるところが素敵だと思いました。これまでの様々な人生経験があるからこそ先生の言葉には重みがあり、良い物を見極める目も肥えていらっしゃるのだとわかりました。

Q将来の夢、または今後のプランを教えてください。

まずは学んだことを活用し、身近な人たちを元気に若々しく、そして癒せるように実践を重ねて行きたいと思います。そして、アロマやハーブの世界の奥深さが今回よくわかったので、これからも常に勉強を続けていこうと思います。将来的には、アロマやハーブの知識を仕事に活かしていきたいです。

新認定校「yukuriya」さんのご案内

新しいIARA認定コース校のご紹介です。 沖縄市の「ゆくりや香りの学校」さん、講師&セラピストは伊芸綾子先生です。

地元の方に愛されるサロンを目指したいとの思いでこのたび恩納村にて新しくスクール&サロンを始められました。

国際アロマレメディー協会のアロマセラピーアドバイザー、アロマコーディネーター、アロマセラピストといった総合的なアロマセラピーのスキルを学ぶ事が出来るスクールです。

併設サロンの方では、アロマセラピーマッサージから、リフレクソロジー、アロマフェイシャルと多岐に渡るメニューをご提供されています。

とてもお人柄の温かい先生ですので、くつろいだ時間が過ごせる事でしょう。

お近くの方はぜひおたずねください。

認定校の数もだんだん増え、サロンとともにスクールを開設する先生方が増えてまいりました。

アロマセラピーは施術として「受けてみたい」という気持ちに加えて「学んでみたい」という気持ちが起こる、とても魅力ある自然療法です。

サロンから自然スクールに発展するケースが多いのもうなずけます。

私自身もそうでしたので、そのような流れに乗ってゆく先生方を見ているのも幸せな思いです。

スクールになるとさらにお仕事としての充実度が増してゆくのもモチベーションにつながります。

30年前に私が始めた頃はまだどこか世間からは「趣味の域」という目で見られる事の多かったアロマセラピーですが、今は女性の仕事として確立出来るまで、この日本社会のなかで根づいた事をとても嬉しく思います。

ご自身の趣味やボランティアとして使うのも素晴らしいのですが、仕事として背筋を伸ばして取り組まれると、さらに自分自身が成長する感覚があります。

癒しのサロンやスクールを開くのが夢だという方たちにたくさん出会ってきましたが、それを実際にかなえられた方が行ってきたのはただひとつ、「具体的な行動」だと感じています。

現認定校の先生方は、すべて皆さん内心の不安や迷いを抱えながらも、それでも〈やってみよう!〉という思いに動かされてここまで行動されてきました。

その思いに応えられるよう、私に出来る事をしよう、という繰り返しでここまで来たように思います。

来年にはさらにまた認定校が増えてゆきます。

今夢を温めている「講師の卵」さんたちが来年に向けて大きく羽ばたいてゆけますように!