アロマセラピーインストラクター(基礎医学・精油化学)

  認定アロマテラピーインストラクターになるには

アロマテラピーインストラクターとは


一般的なアロマセラピーの指導やセミナー活動をする方のためのライセンスです。一般の人々が家庭や地域社会で安全で、正しく豊かな目で怒るメディカルアロマセラピーを実践できるように、必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を認定するライセンスです。地域での文化教室や専門スクールの講師として、またはボランティアとして、教育活動に携わるために適したライセンスです。

こんな人が学んでます

化学的な知識や解剖生理についてもっと詳しく学びたい。

アロマテラピーの専門家として、講師となり指導できるようになりたい。



資格を取ったら?


試験合格後、申請によりアロマ・インストラクターとして認定されます。

アロマ・アドバイザーコースの講師となる申請ができます。

アロマ・アドバイザーコースを教える認定校の申請をすることができます。(所定の手続きが必要です)



カリキュラム
アロマテラピー教室の講師として活躍したい方、アロマテラピーの専門家として指導できるようになりたい方を対象としたコースで、より専門性の高い内容を学びます。

精油の芳香成分類など化学的なアプローチや解剖生理の基礎をしっかり学びます。

精油の化学というと、ちょっと取っ付きにくいイメージがあります。

でも、自由にレシピを作ったり、本のレシピをお手元の精油でアレンジしたり、ご自分の使えない(禁忌の)精油を違うもので代用したりと、精油の化学がわかっていると、より安全で効果的な精油のブレンドができるようになります。

また、いろんな精油を使ってみたいけど、よくわからなくて選べない…といった方におすすめのコースです。

安全性の高いものから危険性があるものまでその様々な精油の特徴や成分を理解すると、精油の選択方法や利用の幅が広がっていきます。

フランス・アロマテラピーを学ぶ上で必須の精油の化学。

アロマテラピー上級者として、更に専門的な知識を吸収し、応用範囲を広げるためのコース。指導者としてアロマテラピーを正確に伝えることができるようになるための理解を深めます。

実習項目


 1. うがい薬
 2. 歯磨き粉