田中瑠美さんにインタビュー

マタニティアロマセラピストプロ養成コース、ベビーマッサージコース参加

田中瑠美さん

Q botanical clinical aroma school に行きたいと思ったきっかけは?

オーストラリアでアロマについて、学びたくて探していたのですが、なかなか良いスクールが見つからず、諦めかけていました。その時に職場の人が、ここで学んだことを教えてもらい、あまりの説得ぶりに(笑)私もここで学びたくなりました。

Q 各コースで1番良かったと思った事は?

精油化学、基礎医学

日本で勉強したときは、注意事項の多さに、扱いが難しいと感じていましたが、ここで勉強したことで、精油の正しい使い方がわかり日常的にメディカルアロマテラピーが使用したくなりました。ただ医学的内容も勉強するため、しっかりと予習、復習することは大切でした。

クリニカルマッサージ

手技は各筋肉を直接とらえるシンプルな施術方法で、とてもわかりやすく、主要な箇所を効率的に治療できるのが凄いと思いました。

マタニティーアロマセラピー

日本ではなかなか妊婦さんに施術する機会がないため、先生の妊婦さんのアロマセラピストとしての臨床経験から学んだ事は心強かったです。

ベビーマッサージ

マタニティケアを勉強するなら、お母さんと一緒に赤ちゃんもマッサージをしたいと思い受講しました。 赤ちゃんに触る機会が無いので、力加減は難しく感じましたが、授業を受けてお母さん自身が赤ちゃんをマッサージすることでお母さんの気持ちが安定する事を学び、セラピストとして母子供に健康になるお手伝いができればと思いました。

Q ロディチミキ先生は、どんな方ですか?

ふんわりした人柄ですが、 その雰囲気とは裏腹に、いろんな臨床経験をされているので学ぶ事は多かったです。

Q 将来の夢または今後のプランを教えてください。

個人でしていたお店を休んで来てたので、再開後には新メニューにマタニティとベビーマッサージのメニューを増やしアロマやマタニティマッサージの良さを伝えるためにもIARA認定大阪校として開講したいと考えています。