ボタニカル卒業生の山城奈津子さんにインタビュー

マタニティアロマセラピストプロ養成コース1週間参加

Q botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

初めてアロマセラピーに出会い、植物療法の素晴らしさを教えてくれたのがミキ先生でした。リラクゼーションで使用することが主でしたが、あれから10年以上経ち、私の興味も自然とメディカルな補完療法でのアロマへと広がり、マタニティや高齢者、病気の人への経験が豊富なミキ先生に教わりたいと思い上級コースの再受講決めました。

Q.各コースで一番良かったと思ったことは?

-基礎医学・精油化学

成分と作用から精油を化学的に理解することで、クリニカルな症状に合わせて、より効果的に使い分けられることがわかり、苦手な化学もなるほど〜と楽しく学べたこと。

-クリニカルマッサージ

筋肉をしっかり捉えることで優しい力加減でも効果があることを学べた。 初めての手技もモデルになったり施術したり両方の立場から見ることができて良かった。

-マタニティアロマセラピー

妊娠時期(期間)や症状別にどのようなセラピーを行うか、注意するかを症例や先生の体験談から学べたのですぐ実践できる自信がついたこと。

Q.ロディチミキ先生はどんな方ですか?

約10年ぶりの再会でしたが、昔と変わらず笑顔がとてもチャーミングで温かい優しいオーラにやっぱり癒されます。 第1期生として先生に出会い、それからずっとスクールを継続されているのも、自分を信じて行動してきたミキ先生のぶれない芯の強さを感じます。尊敬できる素敵な女性です。

ミキ先生へ

短い期間でしたが、とっても楽しいスクールLIFEでした。久しぶりの再会に本当に嬉しかったです。ゆっくりお話もできて良かった❤コーヒー工場も良い思い出です!!アロマが導いてくれた再会に感謝して… 

LOVE xxx Natsu

Q.将来の夢、または今後のプランを教えてください。

今後はメディカル分野を通して植物療法の素晴らしさを広められるよう実践していきたいです。 将来は魔女のようにアロマやハーブの知識を深めハーブに囲まれた癒しのサロンを作りたいです。(笑) そしてミキ先生が私にアロマを教えてくれたように私もたくさんの人にアロマの癒しの世界を教えられるようになりたいです。