ボタニカル卒業生の景山絢さんにインタビュー

アロマセラピストプロ養成コース短期集中2週間参加

Q botanical clinical aroma schoolに行きたいと思ったきっかけは?

もともとアロマに興味があり、アロマを活かした仕事をしたいと思っていました。日本でもアロマスクールに通ったり、化粧水を作ったりなどしていたのですが、趣味の範囲という感じでもどかしさを感じていました。そんなときボタニカルの学校を知り、代替医療、自然医療に取り入れたこの学校に惹かれ入校を決めました。

Q 各コースで一番良かったと思ったことは?

メディカルアロマテラピーコース(基礎・応用)

実習を通して、クリームやフェイシャルオイル、シャンプーなどの作り方を学べた事それぞれの精油の注意点や特徴などを、学べたこと

アロマテラピーマッサージコース

少人数制だったので、生徒さん同士お互いにマッサージの練習ができたことや先生の直接指導で力加減を見てもらえたことも良かったです。私にとってリンパドレナージュは初めて学ぶものだったんで、多少不安もありましたが、しっかり指導してもらえて良かったです。あとはカウンセリングの仕方を学べたこともとても為になりました。

Q ロディチミキ先生はどんな方ですか?

初めて会ったときはとてもおっとりしている方だなぁと思ってたのですが、その通りでした(笑)ただそれだけではなく芯の強さのようなものを感じました。私が入校の際に色々悩んでたときにもとても心身になって相談にのっていただきパースの母というべき存在です(笑)先生はとっても明るく生徒さんひとりひとりのことをちゃんと見てくれているので何の不安もなく本当に楽しく学校に通うことができました。

Q 将来の夢、または今後のプランを教えてください。

日本帰国後はボタニカルで学んだことを活かしながらアロマセラピストとして活躍しながら福祉施設でマッサージボランティアなどができればなと思っています。またボタニカルに必ずもどってきてクリニカルアロマテラピーを学んだ後、小さくても良いのでサロンを持ち患者さまの心と体を癒し笑顔になってもらえるようなそんなセラピストになりたいです。