臨床セラピスト認定制度

IARA認定 臨床アロマセラピスト(Clinical Aromatherapist)が新しく誕生しました!

 


 2016年4月から認定試験を実施

只今申請受付中


 IARA認定クリニカルアロマセラピスト

 

IARA認定アドヴァンス・アロマセラピスト資格認定保有者で、医療国家資格(医師、看護師、助産師、理学療法士、作業療法士など)保有者が対象。 アロマテラピーを臨床現場で実践するためのトリートメントの知識を習得したことを証明する資格です。

医療施設においてアロマテラピーを適正且つ効果的に実施するための知識・技術が一定の基準を満たしていることを国際アロマレメディー協会(IARA)が認定するものです。 IARAクリニカルアロマセラピストは、法律を順守した上で適正なアロマテラピーを提供できるものとします。

 


 

認定の手続きについて

認定申請

 認定クリニカルアロマセラピストの認定申請は、医療者の方でIARAアドヴァンスアロマセラピストの資格取得後に10症例の報告書と認定審査料をあわせて申請することが可能です。 審査に合格すれば,事務局から「認定の通知」と「クレジットカード用紙」を送付いたします。

「認定料」が入金確認後、「認定クリニカルアロマセラピスト認定証」を送付します。

「認定料」が払い込まれなければ、「認定クリニカルアロマセラピスト」の名簿に登録されません。

認定審査料:A$220- 認定料:A$110- (資格認定書発行費および発送)

 


 

更新について

毎年、認定更新料A$110-・更新必須単位10臨症例が必要になります。 IARAクリニカルアロマセラピスト資格認定保有者は認定更新料と報告書10症例を毎年当協会にて提出してください。

対象・・・ 認定の更新を希望する方 時期・・・ 期限が切れる前までに毎年更新となります。例えば協会サイトの名簿に臨床歴○年と更新されます。

◉必須単位の更新時に単位が足りない時は、延長願いを提出してください。

 


 

・・・臨床におけるアロマテラピーの実践報告のお願い・・・

アロマテラピーは、臨床で取り入れやすい補完代替医療の1つです。しかし、日本では科学的根拠のあるデータが乏しいのが課題です。

科学的根拠に基づく医療や看護を行うためのデータの蓄積には、症例報告や事例報告を積み重ねていく必要があります。

そこで、臨床アロマテラピーの事例あるいは症例について報告をお願いしたいと思います。

報告数は、1年10症例以上いくつでもかまいません。

皆様のデータの蓄積は、国際アロマレメディー協会(IARA)の大切な宝となっていきます。

どうぞ、ご協力をお願いいたします。

国際アロマレメディー協会(IARA)代表 ロディチミキ

 


 

【提出方法】 一事例一枚お使いください。個人を対象とした臨床アロマテラピーの実践報告です。

1.協会指定の報告書(コンサルテーションシート)に記入してください。

2.不明のところは”不明”と記入してください。

3.当協会にて提出してください

郵送での提出:事務局に郵送してください。なお、返却はいたしません。 下記の住所に郵送してください。

PO Box 423. GUILDFORD WA 6935

メール添付での提出: 手書きの報告書をスキャンしてPDFデータにする方法があります。なお、印刷してもきれいといえる解像度でお願いいたします。 下記のメールアドレスにお送り下さい。

メールアドレス: info@aromaremedy.net

審査結果は、通常、4 ~6週間ほどかかります。