アロマテラピーアドバイザーコース

  認定アロマテラピーアドバイザーになるには

アロマテラピーアドバイザーとは


精油の販売員の専門知識を認定する資格があります。アロマテラピーに関する仕事でアドバイス出来ることを認定するライセンスです。

こんな人が学んでます

アロマテラピーを楽しく体験したい。

メディカル・アロマテラピーがどういうものか知りたい。

資格を取ったら?
各コース全レッスンを修了し、アロマテラピーインストラクター資格取得後に認定登録を受けると、アロマテラピーアドバイザー講師として活動できます。

カリキュラム
誰でも参加できる基礎コース。アロマテラピーの楽しさを実体験しながら、高品質の精油に触れる実習が人気です。単発での参加も可能です。(主催者により参加条件が異なりますので事前にご確認下さい。)

主な授業内容(テキスト目次より)
=アロマテラピーとは

=医療目的のためのアロマテラピー

=医療補助のためのアロマテラピー

=コンプリメンタリーメディスン(補足的医療)としてのアロマテラピー

=美容のためのアロマテラピー

=メディカルアロマテラピー

=エステティックアロマテラピー

=精油とキャリアオイルの知識

=精油とは

=キャリアオイルとは

=キャリアオイルの使い方

=キャリアオイルの種類

=キャリアオイルの選び方

=精油の使い方

=アロマテラピーの様々なテクニック

=精油の取り扱い上の注意点

=妊娠期に適用する際の注意

=子供に適用する際の注意

=高齢者に適用する際の注意

=具体的な実践方法(芳香浴・吸入・湿布・沐浴・足浴・手浴・半身浴・マッサージ)

実習項目


 1. アロマ化粧水(美白用)
 2. ハンドマッサージオイル(腕の疲れや痺れに)
 3. ストレスケアのバスオイル
 

上記内容について、4時間以上をかけて学びます。(必要最小受講時間が4時間です。レッスンスケジュールの組み立ては認定校により異なりますので、詳しくは各認定校にお問い合わせください。)